顧問弁護士とは

顧問弁護士というのは、企業にとっては主治医のような存在です。企業が活動する中で、企業はたくさんの法律に関わる問題が出て来ます。ここ数年で、特に交渉ごとやトラブルといったものは法律での解決を図る場面が増えています。そのような時に、企業として法律知識がなければうまく話し合いが進められず、うまくまとまる交渉もうまくいかないことが多くあります。

そして、交渉というのはスピードが重要です。うまく話し合いを進めるために知識を身につけて、というような時間を作ってしまえばロスが生じてしまいうまくいく交渉もうまくいかず、逆にトラブルが大きくなってしまうこともあります。そこで、法律の不明点を相談して法律に則って適切に指導をしてもらい行動を起こすことができるのが顧問弁護士の仕事です。

顧問弁護士の仕事内容はたくさんあり、法律に関わる仕事は全て請け負うことになります。そのため、顧問弁護士がいれば、企業活動の中で必要な法律相談は全て対応してもらえるという安心感はあるものです。しかし、依頼をする場合には、毎月の顧問料が発生することになりますし、顧問料で対応できなければさらに費用を支払う飛鳥があります。毎月の経費が発生しても顧問弁護士がいることはとても重要であると言えます。そこで、ここでは必要な場面のみ弁護士を雇い入れるのではなく、顧問弁護士を雇い入れておく必要性とメリットを紹介していきます。こちらの紹介を元に詳しく内容を理解して頂けますと幸いです。


コメントは受け付けていません