• カテゴリー別アーカイブ 未分類
  • メリット

    顧問弁護士というのは毎月の顧問料の範囲内で相談をする時間を設けることができます。今すぐ対処をするべき問題がない時には中長期的な企業のビジョンを話し合う機会を作ることができ、役員にとっても考えをまとめる時間を作るのに役立ちます。顧問弁護士というのは守秘義務があるので相談内容を郊外をすることがありません。

    役員というのは取り扱う問題がデリケートであるために相談相手がおらず孤独になりがちです。良き戦友として顧問弁護士がオブザーバーになってくれることで役員にとって負担を減らす役割も担ってくれます。弁護士事務所に相談をすれば変更も簡単に行えるので、企業の大事な存在だからこそしっかり任せられる人に一任すべきです。

    また、このような話し合いをしていくことで役員と顧問弁護士との考えとを束ねていくことができます。このやりとりがあるおかげで有事の際にはお互いが阿吽の呼吸で必要最低限の話で適切な行動をとることができます。クレーム対応や謝罪という場面ではスピードが重要です。このようにすぐに行動ができれば被害を最低限に抑えられるのです。逆に、日頃からの話し合いでうまく意志が疎通できなかったり相手の考えに共感できなければ早めにパートナー交換をしてより戦力となる顧問弁護士を雇い入れることもできます。

    関連リンク>>>弁護士の顧問契約サービスアディーレ プラス


  • 顧問弁護士の仕事内容

    顧問弁護士の存在は問題が大事になる前にきちんと対応してくれる非常に頼りになる存在なのです。顧問弁護士契約は通常の弁護士と違って、自分の事をよく理解してくれる存在なので気楽に相談ができますし、自分の味方としてどのような状況に対しても最善の方法を考え出してくれるのです。そのため日ごろからトラブルが尽きない職業の方などにとっては欠かせない存在なのです。

    また通常のように誰かわからない弁護士ではなく、あらかじめ知っている弁護士に相談できるというメリットがあり、自分の気持ちを気兼ねなく伝えることが可能です。そして一番の魅力は問題が大きくなる前に、解決することができるので、後悔しない解決をすることができます。

    日頃の法律に関することの相談をしたり、契約書のチェックといった専門知識が必要なことについても顧問弁護士に書類の添削をしてもらうことができるのは安心な点です。多くの企業は法務部を設けているのですが、法務部の職員というのは皆が専門知識を学んでいるわけではないので、仕事を進めながら必要な知識を身につけて進めていくことが必要です。そこで、顧問弁護士に相談をすれば、すぐにベストな解法を提示してくれるので業務効率が上がります。また、専門家の見解を聞くことができるので、仕事を進める際にも安心感を持って仕事を進めることができます。


  • 顧問弁護士とは

    顧問弁護士というのは、企業にとっては主治医のような存在です。企業が活動する中で、企業はたくさんの法律に関わる問題が出て来ます。ここ数年で、特に交渉ごとやトラブルといったものは法律での解決を図る場面が増えています。そのような時に、企業として法律知識がなければうまく話し合いが進められず、うまくまとまる交渉もうまくいかないことが多くあります。

    そして、交渉というのはスピードが重要です。うまく話し合いを進めるために知識を身につけて、というような時間を作ってしまえばロスが生じてしまいうまくいく交渉もうまくいかず、逆にトラブルが大きくなってしまうこともあります。そこで、法律の不明点を相談して法律に則って適切に指導をしてもらい行動を起こすことができるのが顧問弁護士の仕事です。

    顧問弁護士の仕事内容はたくさんあり、法律に関わる仕事は全て請け負うことになります。そのため、顧問弁護士がいれば、企業活動の中で必要な法律相談は全て対応してもらえるという安心感はあるものです。しかし、依頼をする場合には、毎月の顧問料が発生することになりますし、顧問料で対応できなければさらに費用を支払う飛鳥があります。毎月の経費が発生しても顧問弁護士がいることはとても重要であると言えます。そこで、ここでは必要な場面のみ弁護士を雇い入れるのではなく、顧問弁護士を雇い入れておく必要性とメリットを紹介していきます。こちらの紹介を元に詳しく内容を理解して頂けますと幸いです。